LDN通信3月号

日々たゆまぬ精進を重ね、熱き祈りを捧げ、人々に優しく、天地と共に深き呼吸をして、己の今をここに生きる。
彼の姿は塵にまみれ土に汚れているが、確かに道の人である。
もくもくと鍬を振り下ろし、鎌で草を刈る、ただの農夫と見誤るが確かに道の人である。
黄色き衣に身を包み、木陰に端座している、彼は道の人である。
鉢を携えて遊行して、少しばかりの食を乞う、そして法を説く、彼は道の人である。
仏の陀羅尼を持して、絶え間なく唱え三昧を現す、彼は道の人である。
白雲流水なんぞ元の姿を止めん。真理を口ずさみ世に述べ伝える。
彼は道の人である。
人々の安楽を念じ、手を差し伸べ驕ることがない、彼は道の人である。
幾多の菩薩、道人、世に隠れ住む、菩提心の光は絶えず、慈悲の甘露雨が止むことはない。
仏の心は我に宿り彼に宿り、全ての人々に宿る。
苦難の人生に困難な物事に勇気と誠意をもって立ち向かえ、己の行いが世界を変える。
涙している間に時は過ぎゆく、泣いている時ではない。
目的と行く道が決まったら唯歩くのみ、そのことに何の奇跡を求める必要もない。
まいた種は芽を出す、行いの果実は必ず実る。因果必然の道理。
心を定めよ、心を定めよ、統一された心は偉大なる力を現す。
貴方のそこに道はある、そこに答えはある、貴方がすでに答えである。