LDN通信 2016年7月号

印刷用画面
己をよく知る者は己に迷わず。行いの何たるかを悟る者は悪果の報いを避ける。人生の何たるかに思いをはせる人は人の言動に左右されず、ただ真理を希求する。
人の面目は真の人たること、天然たる己に出会うこと、心の喧騒を避けて己を見つめよ。
仏の道は己を悟ることにある。己から発生する様々な欲望に乱舞してはならない、それは陽炎を求めて歩く旅人になることである。その湖は歩めども歩めどもたどり着くことがない夢想である。
心を定めてみよ、己であり続ける。草座に端座して己と対峙す。過去の仏の道であり、未来の弥勒の姿である。深い霧は風のあることで消える。深い闇は光のあることで消える。心の散動は深い呼吸と共に鎮まる。煩悩の影は知恵と共に消え去る。六根の不浄は仏の加持と共に消え去る。
身を正しく保て、心を聖なるものに縛りつけよ、言葉を慎めその言葉が己の考えを支配する。
失うことがないと言うことは又得ると言うことがないと言うこと、そのように思念せよ。
心を止め置け、心に、そのように思念せよ。
己を礼拝せよ己の真仏を、仏の行いを模するとは己が仏性を開拓すること、そのように思念せよ。
ただ深く善を思念せよ、仏の徳を思念せよ。そこに仏の道がある。
深き心に総ては宿る。放った心に安心は生まれる。心の真実が求めるものである。

LDN通信 2016年6月号

印刷用画面
観音堂の紫陽花も色を付け始めました。今年も御堂では蛍の柔らかな明かりが心を和ませてくれます。
本堂ではつつじの花が開いて彩を添えています。自然の巡りの豊かさは人の思いをはるかに超えて果てしなく続いています。
思いを今日の生命にいたせば、何もかも不思議に充ちている事柄ばかり。この命の意味も知らず、なぜ生きているのかの答えも定まらず、やがて死すべき命のいずこに去るかも思いに浮かばず。ただこの空気と大地と光の恩恵を受けて命を繋ぎ、友の心を頼りとして、日々を過ごし、幾ばくかの人生の意味を感じて、また感謝の心を起こし、また朝日の眩さと夕日の残光を感じて一日を終える。人の一生の無常はかくも美しく物悲しい。
大いなる自然の命、神とも仏とも呼ばれる、霊なる存在、そのことが唯一の拠り所または救い。祈りある人は実に幸いである。行い清らかなる人は実に幸いである。言葉優しい人は実に幸いである。心静かな人は実に幸いである。施し多き人は実に幸いである。
心に恨みを抱かず、不満を抱かず、怒りを離れ、心を奮い立たせ善を求める。そのような人生は実に幸いである。
人は己の意の赴くところで行いを起こしその果報を味わい生きる。己の意の清らかさは己の救いである。人は己の心を味わって生きる。己の心の豊かさが己の喜びである。
心を乱さず、心を清め、心に喜びをつくる。実にこのこと以外に人は幸せになれない

LDN通信 2016年5月号

印刷用画面
寺の芍薬も花を終わりました。今年も華麗な花をつけたのですが、震災の影響で花をめでる余裕が皆なかったので、あまり目につかなかったのではと思います。
毎朝騒々しいほど小鳥のさえずりが聞こえます。麦ももう色好き始めています。自然は一時も待つことなくうごめき、過去は過ぎ去り今日を迎えます。過去の後悔は徒労であり、未来の不安も益をもたらしません。唯現在の己の行為のみが己を支えるのです。
人は危機に遭遇すると己の判断を誤ります。己の弱点がもろ映しに出てきます。そこでこの危機管理をどうするかですが、まず最悪の条件がやってきた事を想定して、最高の備えをする。そして日々の生活に喜びを見出す。ここでこの喜びを見出すが大切です、不満を持ち出すととめどなく、不安を抱き続けると心が折れてしまします。今日生かされている事に感謝して、柔らかい心で総てに接する。そこで見えてくるものがあります。そこに未来の道があるのです。己の不満や怒りで己の眼を塞いだり振り上げた拳で他人を傷つけてはいけません。後で後悔の日々がやってきます。人は許しの中でこそ安らぎがあり、智慧の中でのみ道が開けるのです。学びは常に己の運命と共にあります。
如何なる世界に住もうとも眼明らかなる者にはそこは菩薩の浄土であると仏典は説きます。
今日熊本の震災に遭われた方々、心折れることなく、今日の太陽の光を感じて自然世界の大いなる愛を感じて心穏やかに過ごして下さい。

PTSD予防・回復プログラム

印刷用画面
 今回の熊本の震災では多くの方が被災されています。心よりお見舞い申し上げます。今後心配されるのは,震災のショックや避難生活の長期化に伴う子どもたちの心のケアです。不登校支援ネットワークでは,子どもたちの心のケアに役立つPTSD予防・回復プログラムを作成しています。ぜひお役立てください。

LDN通信 2016年4月号

印刷用画面
人はいかにして争いを避けて共存の道を選べるか。それは常に新しく古くからの人類における命題である。
人は群れをなす生き物である。群れの恩恵において命を繋ぐ生き物である。常に他との関わり合いを前提条件とし個々の人は生きている。この関係をよりよくすることは己の人生を実りあるものにするだけでなく社会、国家、人類のより良き姿を実現する手立てと成る。
周りに心を配る事、他を思いやる事、つまりは同調性の感覚がいかに育てられるかが鍵となる。他の痛みを己の痛みの如く感じる力、他の喜びを共に喜ぶ力、そうした人間力がこれに当たる。
宗教的人格とはそのような感覚を豊かに備えている事が特筆としてあげられる。
この心は人々に生きる場を与え、生きる希望を与える。搾取ではなく奉仕の心を育む。争いより平和を、差別より平等をと心が叫ぶ事でもある。
神の前の平等であれ、仏性の平等であれ、人権としての平等であれ、人間の霊なる叫びの中に真理が現れている。
この同調性こそ人類をここまで繁栄させた精神的基盤である。この心は環境における適応能力を拡大させ、又生存圏を飛躍的に広げた能力である。
現在的課題である環境問題も人種的偏見も国家の利害対立も宗教紛争も、この心以外に解決する糸口はない。
この心を如何に育てるかが今後の人類の行く末を決めてしまう重要なファクターである。

LDN通信 2016年3月号

印刷用画面
人間の行動は、過去に於ける経験則に縛られ現在の課題に答えを求められる。実に現在存在する社会制度や文化は過去の観念の幻影である。
今遭遇する新たな問題は今この時の実存のうめきであり、過去の課題ではない。生きていると言う事は現在的問題であり、過去に証明された定理や公理を新たに検証する事でもある。真実の知識は常に新しく又時間的、空間的共時性を備えている事が求められる。過去を語るその人格は常に現在的課題の中でのみ言葉を選び過去を借りて現在を語る。
生存は常に生存のうめきの中にある。常に選択を迫られ、それを拒む事さえ許されない。
確かな選択、確かな知識、これを求めて人は行動する。まるで大海の中で一枚の金貨を探すように、哲学するとはこのことである。誰しもこの事が最も尊いと分かっているが、この事は最も険しく高い山を制覇するクライマーの如く忍耐と努力と勇気を必要とする。
自己を制し、行動を律し、思考を整え、意志を不動のものにして課題に取り組む。
その集中された心は厚い雲間をすり抜けて真理の太陽に到達する。その時に時代は過去から未来へと変わる。過去の呪縛から人が解放される瞬間が訪れる。
その時に現在の答えは過去の答えであり、又未来の答えでもある。このような思考のダイナミックな働きを経験することは人と生まれて最大の喜びである。永遠の今を生きる喜び、古の賢者も語る処の道である

LDN通信 2016年2月号

印刷用画面
汝が衣は汝が想念と語りし言葉よりなる。汝の道はその行いの続く処、出会うもの事は己の影、自他の垣根は己の自我の幻想、独り寝は誰も許さず、共に出る息も吸う息も天地の呼吸、眼を閉じて世界を語るもの多し、耳を塞いで音を奏でる者幾多、恥を覚えず善の生起する処を悟らず。
唯己の煩雑な記憶と乱るる感覚に身を任す。
大海の小舟の如く人生の波にもまれ生を危うくし、恐れ故悲しみ多く、心を閉ざし、故に光を見ず。
生の生たるを死の死たるを悟らず。悔恨と羨望に日々を費やす。幾人かの賢者この世に現
て道理を説き、道を示せども耳に逆らい眼を背ける。
死すべきこの身と破るるこの身を養うに情熱を注ぎ、永遠なるダルマを希求せず、ついに老い行く。悲しむべきは己の無明、朝には夕べを思わず、昼には夜の帳を覚らず。生においては死の在るべきを思わず。若さを誇り老いの来るを見ず。富貴と貧困は紙の両面そこに隔たりはなく無常に繰り返す人の定め。
半畳に草座を設けひたすら座禅修行は仏家の習い、身を慎み言葉を明らかにして、清浄に食を乞い、大悲の故に獅子吼するは菩薩の住する処。
衆生も空、法も空、我も空、清浄にして穢れなきを菩薩は生きる。
法は聞くものも無く説くものを無きをもって法は説かれると菩薩は語る。
念念に善を起して善を忘れて生きる。般若は般若と語らず、自然に生起す、アートマンの影を有さず。

LDN通信 2016年1月号

印刷用画面
新年明けまして おめでとうございます。
生きることは常に葛藤に満ちている。しかしこれを除いて時は過ぎゆかない、多くの涙と困惑の中に人生はある。仏との廻り逢いは人の苦しみと混乱の中で出会う光明である。
夏枯れの木々に雨が降り注ぐように、凍える冬に暖炉の明かりがその手を照らすように、仏の慈悲は心を癒す。
いかに荒れたる世間であろうと自暴自棄になってはならない、仏の慈悲はそこにある。いかに困難な出来事が廻り来ようが眼を塞いではならない。その中から智慧の道を学び取る必要がある。
聖なる事とは事象ではなくそれを理解する人格の内容である。その人格が崇高であれば全ては聖なる事となる。いかに聖なる言葉を駆使してもその人格が俗の欲心に充ちて、行いが自愛に縛られているとしたら、語るまでもない。
人はいつ自由の人になるのか、それは一切平等の智慧を得た時である。人は差別の中で苦しみ、その中で行動して、その檻の中で一生を過ごす。
羨望と嫉妬と渇望の人生を送る。それは世界が苦しみを与えるのではなく、己の人格の未熟さゆえの悲劇である。
良く熟慮して存在の本質を見極めなければならない。己の思いこみを離れねばならない。多くの聖典は智慧の道を示し、聖者はそのように生きて、賢者はそのように語った。
世界の悲劇は唯一人の無謀な行い故に起きる。己を見つめ己を見極め、真実に心を集中せよ。そこから己の解放が始まる。

LDN通信 平成27年12月号

印刷用画面
人間であるがゆえに人は己の思考に縛られ、己の言葉に支配される。考えると言う事は最大の武器であるが、又己を傷つける刃でもある。
より整えられた観念は己を自由にして喜びをもたらす。一方で混乱した観念は己をいともたやすく破壊へと導く。
複雑に思える人生も実は生と死の狭間のいくばくかの時間と経験にすぎない。心の模様も複雑に思えるがその機能はいたって単純である。
多くの要素からなると思える人格も単純な経験の累積にすぎない。
存在における論理構造もいたって明快である。仏教における空の論理は存在を説明するうえでは最も難解ではあるが、思考のたどり着けない論理ではない。
一度立ち止まって己を点検してみる、己の観念を整理してみる。そこに大きな問題と思えた人生の様々な課題が実に簡単にできている事に気がつく。
心を静めて心を覗く、禅定の中で己を発見する。あらゆる呪縛から離れる術がここにある。
愚痴多い人生に智慧が生まれる、不幸と思えた己が最大の幸福者であったと言う発見、そんな奇跡が起きる。無価値なものと捨ておいたもの事の真実なる価値の復権がある。
喧騒の中にない安楽と静けさ喜び存在の意味それらがここにはある。
世界の賢者の中で深く沈思する習慣の無い人はいまだかつていない。

LDN通信 平成27年11月号

印刷用画面
思考の極みは普遍を求める事、行動の規範は共同の福祉を実現する事である。
人は差別化の中で己を主張しているがその前提には自我の同一性が必要となる。共に社会を形成している自覚が必要である。
人は孤独である、常に不安である。この世に生まれた時から分離不安を抱えて生きている。
その不安を抑え込みながら生きている、赤ん坊は泣いて己の思いを伝えねばならず伝わらなければ生命の危機すら感じる、そんな存在である。
成人になってもこの不安は常に心に宿り行動を支配する、この故に過度な欲望を起し、嫉妬を抱き、挫折を感じ、愛を希求する。与える事を拒み得る事を望み様々な悩みを抱える。
人の関わりの中では、常に行き違いと誤解が生まれてこの孤独が癒される事はない。
古より賢聖は深い思考の末この孤独と決別を果たした、それは己の生命の根源を求めそれによる癒しを経験した事である。
世界の偉大なる宗教指導者はその事の実現者である。
己の根源にある聖なる大いなる生命、そのものの名は唯一なる神とも法身如来とも呼ばれて来たが、唯一普遍、永遠、無限なる存在である。
それこそ人の存在の癒しに値する、相対を超えた絶対の存在なのである。
人はこの事を自覚しここを拠り所として生活する事が何より好ましい、なぜなら癒しを体験した人格は又人々に多くの癒しを与えるそんな心を得るからである