LDN通信 2016年1月号

印刷用画面
新年明けまして おめでとうございます。
生きることは常に葛藤に満ちている。しかしこれを除いて時は過ぎゆかない、多くの涙と困惑の中に人生はある。仏との廻り逢いは人の苦しみと混乱の中で出会う光明である。
夏枯れの木々に雨が降り注ぐように、凍える冬に暖炉の明かりがその手を照らすように、仏の慈悲は心を癒す。
いかに荒れたる世間であろうと自暴自棄になってはならない、仏の慈悲はそこにある。いかに困難な出来事が廻り来ようが眼を塞いではならない。その中から智慧の道を学び取る必要がある。
聖なる事とは事象ではなくそれを理解する人格の内容である。その人格が崇高であれば全ては聖なる事となる。いかに聖なる言葉を駆使してもその人格が俗の欲心に充ちて、行いが自愛に縛られているとしたら、語るまでもない。
人はいつ自由の人になるのか、それは一切平等の智慧を得た時である。人は差別の中で苦しみ、その中で行動して、その檻の中で一生を過ごす。
羨望と嫉妬と渇望の人生を送る。それは世界が苦しみを与えるのではなく、己の人格の未熟さゆえの悲劇である。
良く熟慮して存在の本質を見極めなければならない。己の思いこみを離れねばならない。多くの聖典は智慧の道を示し、聖者はそのように生きて、賢者はそのように語った。
世界の悲劇は唯一人の無謀な行い故に起きる。己を見つめ己を見極め、真実に心を集中せよ。そこから己の解放が始まる。

LDN通信 平成27年12月号

印刷用画面
人間であるがゆえに人は己の思考に縛られ、己の言葉に支配される。考えると言う事は最大の武器であるが、又己を傷つける刃でもある。
より整えられた観念は己を自由にして喜びをもたらす。一方で混乱した観念は己をいともたやすく破壊へと導く。
複雑に思える人生も実は生と死の狭間のいくばくかの時間と経験にすぎない。心の模様も複雑に思えるがその機能はいたって単純である。
多くの要素からなると思える人格も単純な経験の累積にすぎない。
存在における論理構造もいたって明快である。仏教における空の論理は存在を説明するうえでは最も難解ではあるが、思考のたどり着けない論理ではない。
一度立ち止まって己を点検してみる、己の観念を整理してみる。そこに大きな問題と思えた人生の様々な課題が実に簡単にできている事に気がつく。
心を静めて心を覗く、禅定の中で己を発見する。あらゆる呪縛から離れる術がここにある。
愚痴多い人生に智慧が生まれる、不幸と思えた己が最大の幸福者であったと言う発見、そんな奇跡が起きる。無価値なものと捨ておいたもの事の真実なる価値の復権がある。
喧騒の中にない安楽と静けさ喜び存在の意味それらがここにはある。
世界の賢者の中で深く沈思する習慣の無い人はいまだかつていない。

LDN通信 平成27年11月号

印刷用画面
思考の極みは普遍を求める事、行動の規範は共同の福祉を実現する事である。
人は差別化の中で己を主張しているがその前提には自我の同一性が必要となる。共に社会を形成している自覚が必要である。
人は孤独である、常に不安である。この世に生まれた時から分離不安を抱えて生きている。
その不安を抑え込みながら生きている、赤ん坊は泣いて己の思いを伝えねばならず伝わらなければ生命の危機すら感じる、そんな存在である。
成人になってもこの不安は常に心に宿り行動を支配する、この故に過度な欲望を起し、嫉妬を抱き、挫折を感じ、愛を希求する。与える事を拒み得る事を望み様々な悩みを抱える。
人の関わりの中では、常に行き違いと誤解が生まれてこの孤独が癒される事はない。
古より賢聖は深い思考の末この孤独と決別を果たした、それは己の生命の根源を求めそれによる癒しを経験した事である。
世界の偉大なる宗教指導者はその事の実現者である。
己の根源にある聖なる大いなる生命、そのものの名は唯一なる神とも法身如来とも呼ばれて来たが、唯一普遍、永遠、無限なる存在である。
それこそ人の存在の癒しに値する、相対を超えた絶対の存在なのである。
人はこの事を自覚しここを拠り所として生活する事が何より好ましい、なぜなら癒しを体験した人格は又人々に多くの癒しを与えるそんな心を得るからである

ワークショップ(第6回)が開催されました

印刷用画面
 現代の家族と子育てを考えるワークショップ(第6回)「今,子どもたちの健やかな成長のためにできること~『資源』をキーワードに~」が2015年10月18日(日) くまもとパレア 会議室 にて 開催されました。19名の参加でした。

 「資源」をキーワードに子どもの教育について考えることができました。今後も継続していく予定です。多くの方々にご参加いただけたら幸いです。

LDN通信 平成27年10月号

印刷用画面
人は生まれた時に既に死ぬ事が運命づけられている。人は死す存在である。この事は既に多くの物語にも、又事宗教においても最も重要なテーマとして取り扱われてきた。逃れ得ざる運命の絆、そこに歴史を創る力が宿っている。さればこそ後に残す子孫に後の世に文化と文明を伝えねばならない。後に続くものに光と道を、荒れ果てた荒野でなく整えられた道筋を、そのように思うのが人として当然の心遣いである。人々の幸福を祈るのが人の霊性である。細い川筋もやがては大海へと注ぐ、貴方のその生きざまが大海の水と成る。覚悟はよいか、賢哲は己の利己的習性を乗り越えて、そのように語る。
この心は人類を支える真実の柱である。この柱なくしては人の和も発展も雲霧離散する。
何処に生きていようと、何を糧として生きようと、この心を支えとして生きる事が最も尊い、この心に人々は安らぎ新しい生命は育まれる。
古より旅人はこの言葉を頼りとして、羅針盤として航海をしてきた。聖なる声として光として、幾多の聖者はそう語る。
大いなる者の前に人は祈る事を忘れた事がない。世界の偉大なる宗教は大いなる霊性に導かれる事を説く。
祈りの中でしか解決しない事柄は多い、だからこそ人々は祈りを止めないのである。
先祖の祈りは貴方の祈りを支えている、又貴方の祈りが貴方の子供を子孫を後の世を支えるのです。

現代の家族と子育てを考えるワークショップ(第6回)

印刷用画面

《終了しました》

「資源」とは,人が持っている「能力」と「時間」を意味します。仕事・家事・子育てなど,社会的な活動はすべて資源を使って行われます。子どもが健全に発達するためには,まず親子での落ち着いた交流が必要です。そして,祖父母・きょうだい・学校の友達や先生・地域社会の人々など,できるだけ多様な人と多くの交流をすることが必要です。また,知的発達や情緒的発達を促す環境を与えることも必要です。これらがすべて子どもの発達を促す資源として機能します。そしてこれらの資源を子どもに供給するための条件として,子育てを担う家庭や学校に資源の余裕が必要になります。しかし,現実には社会全体で資源不足に陥っている現状があり,それが現代の教育の様々な問題の背景にあると思われます。その解決のために,今後は資源の不足をどう補い,バランスをとるかが非常に大きな課題になってきます。今回はこのことについて皆さんと一緒に考えてみたいと思います。講演に加えて,グループ・ワークでの体験により、実感として内容を理解できるように工夫されています。ぜひご参加ください。

テーマ 「今,子どもたちの健やかな成長のためにできること~『資源』をキーワードに~」
講 師 不登校支援ネットワークスタッフ
小幡吉広(大矢野ひまわり保育園園長)    豊永亨輔(学校心理士)
竹下 薫(臨床心理士)           高森敦子(学校心理士)

主 催:不登校支援ネットワーク
対 象:保護者。教育・福祉・心理など、対人援助職の方。
興味のある方。40名程度。
日 時:2015年10月18日(日)13:30~16:30
場 所:くまもと県民交流館パレア 会議室7(10階)
会 費:500円(資料代等)

お申し込み:(1)(2)どちらかの方法でお申し込みください。(電話による受付けはできません。) 

(1) Webサイトから:「申し込み専用フォーム」に入力し、送信してください。

お申し込みはこちらから

(2) FAX:096-248-7209 (豊永)
①氏名(ふりがな) ②性別 ③年齢 ④所属 ⑤住所 ⑥TEL/FAX ⑦メールアドレス をご記入ください。
様式は自由ですが,FAX用紙をこちらからダウンロードすることもできます。

*申し込み多数の場合には定員に達した段階で受付終了とさせていただきます。


◎ワークショップの案内文(A4サイズ)

ワークショップの案内文
この画像と同じ内容の案内文をこちらからダウンロードできます。

お問い合せ
こちらの、「お問い合せフォーム」より入力・送信してください。

お問い合せはこちらから

巡礼って何するの?

印刷用画面
巡礼の仏様のお話です
 続きを読む....

LDN通信 平成27年9月号

印刷用画面
人生は自己の選択そのものである。人生は終わりが在るものである。存在は因果律に支配されている。
物事を洞察する時得る答えである。儚き朝露の如く消えゆく人の命、夢の如く去りゆく人生、幻に幻を重ね合わせるがごとき人生の事柄、人が決め得る事には確かなもの等存在しないが、人は己の判断に総てを委ね懸命に生きて行く。悲しくも誇らしい人の生きざま、悲劇にも喜劇にも思える人生劇場、終幕の迫るその時まで劇は止まない。
己の生きざまと人の生きざまの交差する物悲しくも切ない物語、幼子のその時から老いたる人と成るまで、時は止まず、日は廻り、年を重ねる。
真実の己とめぐり合う人は稀であり、世界の真理を体現することは難しい、不安の中で安心を迷いの中で知識を疑いの中で信頼を人は求めてさまよい歩く、おおよそ人はその孤独ゆえ判断を誤り己を傷つけ人々を嘲り悪戯に血を流す。
賢者はその事に目覚め、深く思考して答えを得ようとした。それこそ人間の霊性であり可能性であり、人間の証である。
沈思して真実の知識を愛して生きる、この知識によって行動する、結果文明と文化が生まれる、人間社会の成立である。
人間の思考と感性は如何なる牙より鋭く如何なる剣より鋭利である。これに気づき是を磨きあらゆる難題に答えを出す事これが人の課題である。
貴方のその心に秘密の答えは書いてある、さあ深く心を静めて問うてみよう。

薬師堂医療相談所スタッフ

印刷用画面
医療相談所 顧問 村端 宏映
     
   所長 村端 秀映

        総合受付 村端 真全

総合管理・ソーシャルワーク担当 村端 光忍

------------------------------------------------------------------------------------------

医療福祉相談スタッフ紹介


○村端 秀映
平成16年3月 熊本県立熊本高等学校卒業
平成16年4月 熊本大学医学部入学
平成17年4月 高野山専修学院国内留学
平成18年3月 高野山専修学院卒業 僧籍・僧階取得
平成19年   護摩行 200座達成
平成20年   八千枚護摩一度目成満
平成21年   八千枚護摩二度目成満
平成22年   八千枚護摩三度目成満
平成23年3月 熊本大学医学部卒業
        医師国家試験合格
平成23年4月 熊本大学医学部付属病院にて研修医
        日本内科学会
平成23年12月 救急医療研修
平成24年4月 熊本地域医療センターにて研修医
日本外科学会
平成25年4月 熊本大学医学部付属病院勤務(消化器外科)
日本消化器病学会 日本胃癌学会
肝胆膵外科学会
平成26年4月 熊本市民病院勤務(外科)
          日本大腸肛門病学会
平成27年4月 熊本大学付属病院勤務(神経内科)
        日本神経学会
        高野山大学 大学院(通信課程)入学
    10月 熊本労災病院勤務(神経内科)
日本脳卒中学会 日本東洋医学会
平成29年9月 高野山大学 大学院文学研究科卒業(密教学修士)
第23回世界神経学会・第58回学術大会にて発表
        Trial of "Sanmitsu Yuga "of traditoinal Mikkyo Buddhism
as neurological rehabilitation
10月 日本内科学会認定内科医
         国立病院機構熊本再春荘病院勤務(神経内科) 

○藤田(旧村端)紗千
平成13年3月 熊本県立第二高等学校卒業
平成13年4月 立命館大学産業社会学部入学
平成16年   立命館大学学部長表彰(論文)・ベトナム福祉研修
平成17年3月 立命館大学卒業 
        社会福祉士
        福祉住環境コ―ディネーター
        ボランティアコ―ディネーター
平成18年4月 高野山尼僧修道院入学
平成19年3月 高野山尼僧修道院卒業 僧籍・僧階取得 
平成19年12月 熊本 温石病院医療ソーシャルワーカーとして勤務
平成25年4月 精神保健福祉士


○藤田 唱元
1993年3月 熊本県立宇土高等学校卒業
1993年4月 福岡大学 経済学部入学
1998年3月 福岡大学 経済学部財政学専攻卒業
1999年4月 宇城市役所(旧松橋町役場)入庁
2008年11月 真言寺道場にて得度
2010年6月 高野山真別所道場にて受戒
2012年8月 高野山大師教会本部にて教会教使拝命

現在宇城市役所に勤務しながら真言寺にて修行中

LDN通信 平成27年8月号

印刷用画面
物事は様々な条件の元に成立していると共に様々な意味を含んで存在している。人は己の関わり方においてそれを捕え意味を付加して、それを物事の存在意義であると認識する。
己の存在意義においても、それは客観的事実にもとづいて判断していると思っているのだが、実は己の都合上の問題である事が多い。
たとえば嫌いだから悪いことである。好きだから良い事である。と言うような己の感情の折り合いのために正義の旗をたなびかせる事がよくある。
普遍的価値や絶対的意味を求める事はなかなか難しい。己の人格的習性を超えて哲学することは古より多く試みられて幾多の思想を生みだし文化を創造してきた。
人間のこの思考の性向は豊かな世界を創ると共に悲惨な争いを生みだした。
賢哲の関心事は最終的には絶対なるものとの出会いであり、体感であった。
思考において雑多に見える現象を整理して法則を見出し、この法則の背後にある絶対的意志又は精神を感じる。これが人間の思考の高まりであり人の霊性である。
祈りを持つ事は人間であることであり、思考の深まりを喜ぶ事は人の人たる所以である。
豊かな感性と深い思考、清らかな祈りに満ちる事は人としての最大の喜びである。
己の豊かな人格をあじあう人は実に賢明な人生を歩いていると言える。その幹からは常に新しい果実が時とともに実るからである。