LDN通信 平成27年2月号

印刷用画面
国家や民族、個々人の関わりの中には多くの壁があります。まず言語の壁、文化伝統の壁、経済的利害の壁、これら一つ一つが多くの争いの火種となるのです。
おおよそ人はこの壁に仕切られた空間から物事を見たり考えたりするのです。思想信条の違いとはまさにその事を意味します。
己の思想信条を振りかざす前に、人間としての感覚を取り戻していかねばなりません。人に対する同情は己の痛みを他の人に感じることであり、別段変わった感情でもありません、しかしかたくなな心はそれを許しません。
際だったもの事に感動する人は多いかもしれませんが、しかし日常的な優しさや思いやりこそ平和の種なのです。誰もが赤い血が流れており、誰もが家族を愛し、己の痛みからは遠ざかりたいのです。
心の壁を取り除いて平和を実現しなければなりません。この壁を取り除くためには努力が必要です。己の壁を見つけてそれを壊す事、偏った生き方や考えを改める事、積極的に物事の違いと普遍を認識する事、そしてより良き言語で意志の疎通をはかる事です。
己の考えや、生き方に勝手に溺れてはいけません、反省と努力、つまり人間として脱皮し続ける事、自己変革の毎日が必要です。
世界の平和とは己の人格の円満こそがその種なのです。

LDN通信 平成27年 ー新年号ー

印刷用画面
ものの見方で世界は変わる。よく言われる事ですが、凡そ人の価値観や国家の利益とするところは互いに食い違う事が多々あります。特に利益の配分や権利の主張は互いの関係を緊張させ、行き着く先に争いを生み、最悪は戦争を引き起こします。
まず自分以外の人はその人なりの価値観を有する事、判断の基準がある事、行動規範がある事を熟知しなければなりません。
特に民族の違いや国家の成り立ちの相異は文化伝統の違いに起因し、よく宗教問題として取り扱われます。
かのインデラ、ガンジイのようにヒンズウとイスラムの狭間で銃弾に倒れる事になりかねません。
それほど事は根深いのです。
インターナショナルな人格であるとは実にこの事をよく自覚して、世界に貢献できる人なのです。
世界における行動基準となるところは、まさに相手の事をよく研究し調べ利害を調整する事なのです。
自分の判断を絶対視することは、止めねばなりません、その事が多くの血を世界に流さしめたのです。
正義のための戦いと言っては剣を抜き銃に弾を込め同じ同胞たる人に怒りを向けたのです。
智慧あるものは学ばなければなりません。愚かな人類の歴史から教訓の多くを、祈りをする時間に同胞の幸せと互いの理解をと、そう奉げてみてはいかがですか。

不登校支援ネット通信 「客間」と「プライベートとパブリックを区別する感覚」

印刷用画面
 前回,近年の若者の弱点として「プライベート」と「パブリック」の区別ができにくくなっている傾向があることを指摘しました。原因としては色々なことが複合しているものと思われますが,その大きな原因の一つとして家の間取りの中から「客間」というものの存在がなくなったことがあると考えています。これは「家の間取りと自我の発達に関係がある」という主張になります。多くの方にはかなり意外な考え方かもしれません。
 続きを読む....

LDN通信 平成26年12月号

印刷用画面
さて今日の高度情報化社会、高エネルギー社会においては、これをコントロールする方法を誤ると個人の人格はもとより地球生態系の秩序さえいとも簡単に壊しかねない状況にあります。
情報ツールとしてのパソコンやスマートフォンは常に多大な情報を与え続け、この道具にすぎないものに依存する、又は支配される、振り回される結果となります。
情報を選択する基礎的知識又は感性を磨く事は必須の事と成り、オンとオフの切り替えのタイミングが計れている事、取り込んだ情報を咀嚼して新しい価値あるものを創り出す事、その事が作業として必要です。
細胞に限らす総てのもの事は、解放システムと閉鎖システムによって成り立っています。
情報の出し入れこれが解放システム、内において解析、分析したうえで情報を価値付ける事この事が閉鎖システムの中で行われる作業です。
つまりこの両者の微妙なバランスが健全な情報管理技術なのです。
多大な情報は整理され意味を付されて初めて力に変わります。そのままでは心を痛める脅威にすぎません。そこが良く理解されないと、人生は大きく歪みます。情報の中には悪意をもって流されるもの、根拠のないもの、誤ったもの等など様々あります。
情報を精練していく能力が問われています。
真実を見つめる目を持ち真理を聞く耳を働かせ、愛を感じる心を養う。とても重要な事です、知識が命を持つとはその事です。フィロソフィーしましょう、遥かなる古の賢者に思いを寄せて。

不登校支援ネット通信 パブリックとプライベート

印刷用画面
 最近ではあまり話題にもならなくなりましたが,教育現場では「子どもたちが,パブリック(公的)な場面とプライベート(私的)な場面の区別がつきにくくなった」ということがここ20年くらい前から問題視されるようになりました。
 続きを読む....

LDN通信 平成26年11月号

印刷用画面
現代の人間は多くのストレスにさらされています。自然環境の変化、温暖化に伴う災害の危機。複雑な社会が生み出す多大な情報。夜も眠らない光の海、社会機構の複雑化から来る分業化の進展、それに伴う人間関係の難しさ、肉体的成長と精神的適応のアンバランス、長い時間を必要とする教育期間等。
実際鬱病の増加は驚く数字をつけています。
さて、このストレス社会において身を守る術はあるのでしょうか。よく考えると絶望的気持ちになるのですが、そうは言っていられません。
まず、環境要因、自然と社会に向き合うわけですが。人は個々の能力と時間を活用して適応するわけです。
まずこの能力を正確に計る。次に時間を正確に計る。それから事に対処する。
環境との共存しか選択の道がないのが生物であります。そこでこの自然環境にしろ社会環境にしろより良きものになるように己を処していく、ここで否定的な感情や行動は捨ててかかる、その事が生きる力を生みだします。
この工夫の中に解決の糸口があるのです。あきらめてはいけません。
自然と友になり、社会と友になる、この考えの中に道は見えてきます。敵対の中からは解決の道筋は見えてきません。
自然を愛し、隣人を愛してみませんか。深い洞察の泉が湧くでしょう

ワークショップ(第5回)が開催されました。

印刷用画面
現代の家族と子育てを考えるワークショップ(第5回) 「子どもの発達と環境を考える~住環境と親子の交流~」 が2014年10月19日(日) くまもとパレア 会議室3 にて 開催されました。22名の参加でした。

 家のつくりが子どもの自我の発達にどのような影響を与えるのか、今後どのような取り組みが可能なのか、を参加者の方々と一緒に考えることができました。幼児教育に関しては、モンテッソーリ教育を現代日本で展開する上での課題とその対応策について考えました。
 今後も継続していく予定です。多くの方々にご参加いただけたら幸いです。

あぐり米の稲を刈っています

印刷用画面

稲刈り途中の写真

心配されていた台風も去り、真言寺周辺にある豊田地区の田圃では、真言寺あぐり米になる稲の刈り取りが進んでいます。(10月14日現在)

今年は、ご存じの通り夏場の日照時間が短く、例年より1週間程度遅れての稲刈りになりましたが、さわやかな秋晴れの中、気持ち良く稲が刈り取られてゆきます。

10月15日より発送もはじまっています。もうしばらくお待ち下さい。

LDN通信 平成26年10月号

印刷用画面
人は自分の運命についてあらかじめ予測がつきません。そこで自然変化に伴う老化が及ぼす体力の低下や病気など、ある程度予測可能な事柄はともかく、自然災害や事故突発的病気などは、多くの混乱を自己およびそれを取り巻く多くの人間関係、特には家族に多大な影響を与えます。
そこで危機管理、トラブルシューティングが必要です。まず心構え、財産の管理、人間関係の調整等です。
最悪の状態を想定してリスク管理をする。それは一見無駄のようですが、いざと言う時にはこれが力を発揮するのです。
心構えですが、常に人生は予想外の事又は望まぬ事が多く待ち構えているという自覚です。
健康の不安、家族構成の変化に伴うトラブルそこには思わぬ家族の死に伴う構造欠損、失業や倒産における経済的困窮、転勤や災害における住居の移転に伴う人間関係の変化、老化における能力の低下などが予想されます。
そこで財産資金の管理ですが生活の基礎である、収入と支出、貯蓄や投資のバランスの確認を常に怠らない事。
人間関係ですが常に信頼関係を築く努力を必要とします。日常のコミニュケイションを大切にする。いざとなるとこれが力を発揮します。家族との時間、近所とのお付き合い等普段ではあまり意識しない事柄ですが、これが大切です。
ともかくも、緊張感のある生活が自分を守ります。どうにかなるだろうではいざという時役に立ちません。
最悪を想定して、準備して、明るく今日を生きる。この事が本当に必要なのです。

現代の家族と子育てを考えるワークショップ(第5回)

印刷用画面

《終了しました》

「川の字になって寝る」という言葉に象徴されるように、日本においては伝統的に家族の濃密な交流の中で子どもの自我が形成されてきました。戦後、間取りが壁とドアによって仕切られ子ども部屋が作られるようになるという変化に伴い、親子の交流パターンもまた変化してきています。このことによって、子どもの自我発達にどのような影響が生じているのでしょうか?今回は前回に引き続き住環境の変化と子どもの自我発達との関係について、より深く考えてみたいと思います。

また,幼児教育についても講演「モンテッソーリ教育の再考」とワークを行います。

講演に加えて,グループ・ワークでの体験により、実感として内容を理解できるように工夫されています。ぜひご参加ください。

テーマ 「子どもの発達と環境を考える ~住環境と親子の交流~ 」
講 師 不登校支援ネットワークスタッフ
小幡吉広(大矢野ひまわり保育園園長) 竹下 薫(臨床心理士)
高森敦子(学校心理士) 豊永亨輔(学校心理士)

主 催:不登校支援ネットワーク
対 象:保護者。教育・福祉・心理など、対人援助職の方。興味のある方。40名程度。
日 時:2014年10月19日(日)13:30~16:30
場 所:くまもと県民交流館パレア 会議室3(9階)
会 費:500円(資料代等)


お申し込み:(1)(2)どちらかの方法でお申し込みください。(電話による受付けはできません。) 

 (1) Webサイトから→「申し込み専用フォーム」に入力し、送信してください。

  お申し込みはこちら

 (2) FAX:096-248-7209 (豊永)
   ①氏名(ふりがな) ②性別 ③年齢 ④所属 ⑤住所 ⑥TEL/FAX ⑦メールアドレス をご記入ください。
   様式は自由ですが,FAX用紙はこちらからダウンロードすることもできます

*申し込み多数の場合には定員に達した段階で受付終了とさせていただきます。

◎ワークショップの案内文(A4サイズ)

ワークショップの案内文
この画像と同じ内容の案内文をこちらからダウンロードできます。

お問い合わせ
こちらの→:「お問い合せフォーム」より入力・送信してください。

お問い合せはこちら