不登校支援ネットワーク スタッフ

◎ スタッフはカウンセラーとピア・サポーターから構成されています。

◎ カウンセラーは真言寺の人間学講座を長年受講し,心理学・教育学の資格を有する専門家です。

◎ ピア・サポーターは心理学・教育学を学んでいる学生等のボランティアです

カウンセラー

印刷用画面

 豊永 亨輔  (とよなが こうすけ)

豊永亨輔

  1960年生まれ。  

  不登校支援ネットワーク 代表    

  学校心理士 ・ 上級教育カウンセラー・ガイダンスカウンセラー  精神保健学修士
  熊本県公立高等学校 教諭 

  1985年より真言寺にて心理学・仏教学を学ぶ。
  1992年より高校の現場で教育相談に携わる。

   講師歴

 


 

 竹下 薫  (たけした かおる)

  臨床心理士 臨床心理学修士

  熊本県内精神科病院勤務
  1998年から真言寺にて心理学、仏教学を学ぶ。 1963年生まれ。

  講師歴

    2010年6月 不 登校支援ネット主催 現代の家族と子育てを考えるワークショップ
      (第1回) 「ストロークか ら親子の交流を考える」

    2011年10月不登校支援ネット主催 現代の家族と子育てを考えるワークショップ
      (第2回) 「ストロークから子どもの発達を考える」

    2012年10月 不登校支援ネット主催 現代の家族と子育てを考えるワークショップ
      (第3回) 「子どもの発達課題から子育てを考える」

 


 

 守田 猛  (もりた たけし)

  1959年生まれ。

  現職 熊本県公立中学校 教員

  1984年から中学校で、不登校生徒の支援に携わる。    
  2004年から真言寺にて、心理学・仏教学を学ぶ。 

  講師歴

    2011年10月不登校支援ネット主催 現代の家族と子育てを考えるワークショップ
      (第2回) 「ストロークから子どもの発達を考える」

 


 

 高森 敦子 (たかもり あつこ)

  学校心理士

  講師歴

    2011年10月不登校支援ネット主催 現代の家族と子育てを考えるワークショップ
      (第2回) 「ストロークから子どもの発達を考える」

    2012年10月不登校支援ネット主催 現代の家族と子育てを考えるワークショップ
      (第3回) 「子どもの発達課題から子育てを考える」

 


 

糸山 公照  (いとやま こうしょう)

    1976年生まれ   

    現職 真宗大谷派光照寺 副住職
        臨床宗教師会九州支部局長

    職歴 甲佐高校 松橋支援学校など 

    プロフィール(熊日新聞記事より)

 


 

小幡 吉広 (こばた よしひろ)

小幡 吉広

  1956年3月生まれ

  現職 ひまわりメソドこども園と放課後児童クラブひまわりアフタースクールの園長
      (モンテッソーリ教育を基礎にしたメソドと食育で乳幼児と小学校児童の教育を実践)

  職歴及び活動歴

    1979年 熊本県警に勤務 非行少年事案に多く携わる
    1983年 大矢野ひまわり保育園に副園長として就職
    1987年から真言寺において仏教、人間学、社会学、家族心理学等を学ぶ
    1987年から少年補導員として活動
    1995年 モンテッソーリ教育教師養成センターコースを受講
    1997年 モンテッソーリ教育教師資格試験合格
    1998年 モンテッソーリ教育発祥の地イタリア(ミラノ・ペルージア・フィレンツェ・ローマ)の幼児教育現場を視察

  講師歴

    2008年4月から2年間 大牟田市保育士会と給食部会の食育の指導にあたる
    2012年10月 不登校支援ネット主催 現代の家族と子育てを考えるワークショップ
         (第3回) 「子どもの発達課題から子育てを考える」

 

ピア・サポーター

印刷用画面

 豊永 悠  (とよなが はるか)

  1990年生まれ

  精神保健福祉士