不登校支援ネットワーク 活動方針

第1条(名称)  この会は 真言寺不登校支援ネットワーク と称する。

第2条(団体の性格)  宗教法人真言寺の外郭団体であるが、信仰を勧誘するものではない。

第3条(事務局) 事務局を宗教法人真言寺内に置く。

第4条(目的) この会は、不登校やひきこもりになっている青少年への援助ならびに、教育・福祉・医療などの専門職につくことを目的としている学生に必要とされる資質 の育成および新しい視点の回復プログラムの研究開発などの活動を行うことを通して、社会教育・福祉に寄与・貢献することを目的とする。

第5条(事業) この会は前条の目的を達成するために、次に掲げる事業を行う。

 (1) カウンセリングおよびコンサルテーション

 不登校やひきこもりになっている青少年とその保護者に対するもので、ケース・カンファレンスで作成された個別回復プログラムにしたがう。

 (2)  ピア・サポート

ボランティアを主体とする家庭訪問を行い、交流を持つことで対象の青少年のコミュニケーション能力の向上を図る。家庭訪問は原則としてカウンセラーとピア・サポーターの二名以上とする。ケース・カンファレンスで作成された個別回復プログラムに従う。

 (3) ケース・カンファレンス

会員によるケース・カンファレンスを定期的に行い、個別の回復プログラムの作成・修正を行う。

  (4) 教育

カウンセラーによるスーパービジョンの提示ならびにケース・カンファレンスへの参加を通じてボランティアを教育し、必要な資質の育成を図る。

  (5) 研究

活動を通して得られた経験の蓄積・調査の実施を通して新回復プログラムなどの研究開発を行う。

 第6条(事業の性格) この会が行う事業は非営利活動である。活動にかかる資金は善意の寄付による。対象の青少年は 6歳から18歳までの軽い心身症・神経症のレベルまでとする。統合失調・行為障害・薬物依存などの重症の場合は適切な医療機関を紹介する。