バッハについて

梅雨に入り雨がよく降ります。
昨日は晴れていましたので、田んぼで代掻きをしました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
日本では緊急事態宣言が解除されましたね。
それでも世界中で、新しいウイルスが猛威をふるっています。
さぞ不安に思われていることでしょう。
武漢で沢山の人々が感染し、世界へ広がって、沢山の方が亡くなられたので、追悼の意味を込めて「武漢肺炎」と呼ばせていただきます。
その不安を乗り越えるために、今私が出来ることを色々考えました。

まず、横堀妙音さんのバッハのピアノを、真言尼寺の周辺の自然の映像と共に世界の人々に送りたいと思います。

彼女は統一前の西ドイツでピアノを学び、古いドイツ音楽の響きをよく習得されていました。そして真言尼寺でご主人と共に得度されて、今祈りと共にピアノを弾かれています。

横堀さんのバッハのピアノの音に耳を傾けて下さい。
このように聞こえて来るのが、判るでしょう。
「神は あなたのそばにいますよ。光を感じて窓を開けて下さい。」
「仏は あなたの そばにいますよ。毎日の小さなことを大切に、希望を失わないで」と。
コンサートピアノを弾かれる訳ではありませんので、コンサートのバッハを聞きなれた方々には、違和感があるかもしれません。また教会でのバッハを最高と考える方々にも、
違和感があるかもしれません。

しかし私は 日常に「神を見た」のがバッハの真実だと思っています。
バッハは常に毎日の小さことに神を見ていたと思っているのです。
これが次の時代の音楽や宗教の基礎になったと思っています。

そのバッハを弾くことが出来るのは、本当に数少ない方々です。
ヨーロッパの方にもアメリカの方にもアジアの方にもアフリカの方にも中近東の方にも「バッハ」は「小さな希望」を与えてくれると思います。
音楽は世界言語です。