LDN通信 2016年10月号

印刷用画面
人間としての行動規範をどうするか。
これが人間の価値を左右する行いの鋳型を形成する。
自己の利益と共同の福祉も共に満足する内容であることが望まれる。
それは人の生命の尊重をその中心課題として扱う必要がある。性別や人種の壁を越えて、宗教や文化の垣根を超えて形成される観念である必要がある。
総ての人類は幸福を共に追求する権利を有する。
その人権の発露たる思想信条の自由は総ての人類に与えられた自然権であり、いかなる社会制度もそれを犯してはならない、ただし人類の福祉に相反しない権利の行使である必要がある。
この平等の権利は世界三大宗教の根幹であり、民主主義の前提条件である。
それは神のもとの平等であれ、自然権であれ、個々の生命は平等である。
そのように観念されそのように扱われなければならない。
宗教的ドグマは排除され、思想的偏向性は否定される必要がある。
それこそ真実を求め実現すべき課題である。
我々は己の心に問うてこれを捨て去る知恵と勇気を持つ必要がある。
世界の改革は個々人の人格の如何よる。
あなたの心があなたの行動が世界を動かしている。
他の何物でもない。
仏陀の道とはこのような道である、己を律して己に問うて己に勝利し己に安住する。
そしてその自由を他にも及ぼす。
真実の僧伽とはそのような集団である。
そこには真実と認識された法のみがあり、純粋な思考と感性がある、それにおいて練磨された人格が生まれる。
我々仏法者はこの道において己を練磨して生きる。
お釈迦さまの草座,達磨大師の面壁、弘法大師の残された道はそこにある。

LDN通信 2016年9月号

印刷用画面
不幸にして己の知性と感覚に狂いが生じている場合は、自ら改める他術がない。人は己の知性と感覚を点検して日々過さなくてはならない。より深い理解と洞察が困難を解決へと導き、深い感性が世間に対しての共感を生む。
人は自らの行いにおいて自らを築くのであり、他の何者もそれを成しえない。人は己の存在において、いかなる権力も権威もそれを犯すことはできない。この自然なる権利はいかなる者にも付与された権利であり、いかなる思想信条や経済的利害においても犯さざれる権利である。
人は互いの権利を尊重しつつ、共同の福祉を追求すべき存在である。ここに道徳規範と法規範を備えた社会機構を有する現代社会がある。
世界の主な宗教の有する道徳規範は同根同類である。それが社会的利害の枠組みでいかに変わろうがそれは不変の価値であり意味である。
慣習法にしろ成文法にしろそれは互いの人権を守ることを目的として成立することが最大の目的であらねばならない。
個々人の人権を擁護することがひいては人類の福祉に連なるものだからである。そこで人は真の自由なる人格として責任ある行動が求められる。権利の行使には当然として重い義務が求められる。
そこに踏みとどまって己の行為を律することこそ開かれた人格であり、それを実現する社会こそ我々にとって必要な世界なのである。
人は利害の対立において他の生存の権利をいとも簡単に犯しやすい、他の人々が血を流す姿のその時は己がその痛みを感じなければならない。己の喜びは他に分け与えてともに喜ぶ。そこに人間としての霊性がある。

LDN通信 2016年8月号

印刷用画面
人は己の行いにおいて己を縛り、己の考えに基づいて世界を語る。己の行いが己の人生をつくる。
己の考えが己の世界を決定する。
いかなる仇も己の行いの果実であり、偶然に起きることではない。己の行いを省みて己の行いを正す。
世界に対して不満多いときは先ず己の考えを正してみる。世界が閉じているのではなく、
己の考えが至らないが故の誤解であることに気付く。
真理を求め生きるとは実にシンプルである。注意深さと反省である。
己の身と心をよく制する。そこに秘密がある。暴れ馬を制するがごとく、己を制する。
己によく打ち勝つものは聖者と呼ばれる。
それは山に隠遁するから聖者ではない。
己の身から出る欲望を律して身を清らかに保つ、己の心を治めて智恵の道に入る。
衆生の煩悩から離れて、慈悲を行ずる。それは町中の喧騒においても、日常の生きざまにおいて行うことである。
心に仏を抱けばそこは菩薩の浄土である。
ダルマを口にすれば三界の導師である。姿を比丘にかりれば僧伽は現前する。
およそ物事は空相において存在する。如何なる己の作為もこの事実の前では力を持たない。
因果の道理をよく理解しておおらかに生活する。心を縛ることを止めて虚空に従う。
涅槃はすでにあると確信して仏の道に従う

LDN通信 2016年7月号

印刷用画面
己をよく知る者は己に迷わず。行いの何たるかを悟る者は悪果の報いを避ける。人生の何たるかに思いをはせる人は人の言動に左右されず、ただ真理を希求する。
人の面目は真の人たること、天然たる己に出会うこと、心の喧騒を避けて己を見つめよ。
仏の道は己を悟ることにある。己から発生する様々な欲望に乱舞してはならない、それは陽炎を求めて歩く旅人になることである。その湖は歩めども歩めどもたどり着くことがない夢想である。
心を定めてみよ、己であり続ける。草座に端座して己と対峙す。過去の仏の道であり、未来の弥勒の姿である。深い霧は風のあることで消える。深い闇は光のあることで消える。心の散動は深い呼吸と共に鎮まる。煩悩の影は知恵と共に消え去る。六根の不浄は仏の加持と共に消え去る。
身を正しく保て、心を聖なるものに縛りつけよ、言葉を慎めその言葉が己の考えを支配する。
失うことがないと言うことは又得ると言うことがないと言うこと、そのように思念せよ。
心を止め置け、心に、そのように思念せよ。
己を礼拝せよ己の真仏を、仏の行いを模するとは己が仏性を開拓すること、そのように思念せよ。
ただ深く善を思念せよ、仏の徳を思念せよ。そこに仏の道がある。
深き心に総ては宿る。放った心に安心は生まれる。心の真実が求めるものである。

LDN通信 2016年6月号

印刷用画面
観音堂の紫陽花も色を付け始めました。今年も御堂では蛍の柔らかな明かりが心を和ませてくれます。
本堂ではつつじの花が開いて彩を添えています。自然の巡りの豊かさは人の思いをはるかに超えて果てしなく続いています。
思いを今日の生命にいたせば、何もかも不思議に充ちている事柄ばかり。この命の意味も知らず、なぜ生きているのかの答えも定まらず、やがて死すべき命のいずこに去るかも思いに浮かばず。ただこの空気と大地と光の恩恵を受けて命を繋ぎ、友の心を頼りとして、日々を過ごし、幾ばくかの人生の意味を感じて、また感謝の心を起こし、また朝日の眩さと夕日の残光を感じて一日を終える。人の一生の無常はかくも美しく物悲しい。
大いなる自然の命、神とも仏とも呼ばれる、霊なる存在、そのことが唯一の拠り所または救い。祈りある人は実に幸いである。行い清らかなる人は実に幸いである。言葉優しい人は実に幸いである。心静かな人は実に幸いである。施し多き人は実に幸いである。
心に恨みを抱かず、不満を抱かず、怒りを離れ、心を奮い立たせ善を求める。そのような人生は実に幸いである。
人は己の意の赴くところで行いを起こしその果報を味わい生きる。己の意の清らかさは己の救いである。人は己の心を味わって生きる。己の心の豊かさが己の喜びである。
心を乱さず、心を清め、心に喜びをつくる。実にこのこと以外に人は幸せになれない