LDN通信 2016年8月号

印刷用画面
人は己の行いにおいて己を縛り、己の考えに基づいて世界を語る。己の行いが己の人生をつくる。
己の考えが己の世界を決定する。
いかなる仇も己の行いの果実であり、偶然に起きることではない。己の行いを省みて己の行いを正す。
世界に対して不満多いときは先ず己の考えを正してみる。世界が閉じているのではなく、
己の考えが至らないが故の誤解であることに気付く。
真理を求め生きるとは実にシンプルである。注意深さと反省である。
己の身と心をよく制する。そこに秘密がある。暴れ馬を制するがごとく、己を制する。
己によく打ち勝つものは聖者と呼ばれる。
それは山に隠遁するから聖者ではない。
己の身から出る欲望を律して身を清らかに保つ、己の心を治めて智恵の道に入る。
衆生の煩悩から離れて、慈悲を行ずる。それは町中の喧騒においても、日常の生きざまにおいて行うことである。
心に仏を抱けばそこは菩薩の浄土である。
ダルマを口にすれば三界の導師である。姿を比丘にかりれば僧伽は現前する。
およそ物事は空相において存在する。如何なる己の作為もこの事実の前では力を持たない。
因果の道理をよく理解しておおらかに生活する。心を縛ることを止めて虚空に従う。
涅槃はすでにあると確信して仏の道に従う

LDN通信 2016年7月号

印刷用画面
己をよく知る者は己に迷わず。行いの何たるかを悟る者は悪果の報いを避ける。人生の何たるかに思いをはせる人は人の言動に左右されず、ただ真理を希求する。
人の面目は真の人たること、天然たる己に出会うこと、心の喧騒を避けて己を見つめよ。
仏の道は己を悟ることにある。己から発生する様々な欲望に乱舞してはならない、それは陽炎を求めて歩く旅人になることである。その湖は歩めども歩めどもたどり着くことがない夢想である。
心を定めてみよ、己であり続ける。草座に端座して己と対峙す。過去の仏の道であり、未来の弥勒の姿である。深い霧は風のあることで消える。深い闇は光のあることで消える。心の散動は深い呼吸と共に鎮まる。煩悩の影は知恵と共に消え去る。六根の不浄は仏の加持と共に消え去る。
身を正しく保て、心を聖なるものに縛りつけよ、言葉を慎めその言葉が己の考えを支配する。
失うことがないと言うことは又得ると言うことがないと言うこと、そのように思念せよ。
心を止め置け、心に、そのように思念せよ。
己を礼拝せよ己の真仏を、仏の行いを模するとは己が仏性を開拓すること、そのように思念せよ。
ただ深く善を思念せよ、仏の徳を思念せよ。そこに仏の道がある。
深き心に総ては宿る。放った心に安心は生まれる。心の真実が求めるものである。

LDN通信 2016年6月号

印刷用画面
観音堂の紫陽花も色を付け始めました。今年も御堂では蛍の柔らかな明かりが心を和ませてくれます。
本堂ではつつじの花が開いて彩を添えています。自然の巡りの豊かさは人の思いをはるかに超えて果てしなく続いています。
思いを今日の生命にいたせば、何もかも不思議に充ちている事柄ばかり。この命の意味も知らず、なぜ生きているのかの答えも定まらず、やがて死すべき命のいずこに去るかも思いに浮かばず。ただこの空気と大地と光の恩恵を受けて命を繋ぎ、友の心を頼りとして、日々を過ごし、幾ばくかの人生の意味を感じて、また感謝の心を起こし、また朝日の眩さと夕日の残光を感じて一日を終える。人の一生の無常はかくも美しく物悲しい。
大いなる自然の命、神とも仏とも呼ばれる、霊なる存在、そのことが唯一の拠り所または救い。祈りある人は実に幸いである。行い清らかなる人は実に幸いである。言葉優しい人は実に幸いである。心静かな人は実に幸いである。施し多き人は実に幸いである。
心に恨みを抱かず、不満を抱かず、怒りを離れ、心を奮い立たせ善を求める。そのような人生は実に幸いである。
人は己の意の赴くところで行いを起こしその果報を味わい生きる。己の意の清らかさは己の救いである。人は己の心を味わって生きる。己の心の豊かさが己の喜びである。
心を乱さず、心を清め、心に喜びをつくる。実にこのこと以外に人は幸せになれない

LDN通信 2016年5月号

印刷用画面
寺の芍薬も花を終わりました。今年も華麗な花をつけたのですが、震災の影響で花をめでる余裕が皆なかったので、あまり目につかなかったのではと思います。
毎朝騒々しいほど小鳥のさえずりが聞こえます。麦ももう色好き始めています。自然は一時も待つことなくうごめき、過去は過ぎ去り今日を迎えます。過去の後悔は徒労であり、未来の不安も益をもたらしません。唯現在の己の行為のみが己を支えるのです。
人は危機に遭遇すると己の判断を誤ります。己の弱点がもろ映しに出てきます。そこでこの危機管理をどうするかですが、まず最悪の条件がやってきた事を想定して、最高の備えをする。そして日々の生活に喜びを見出す。ここでこの喜びを見出すが大切です、不満を持ち出すととめどなく、不安を抱き続けると心が折れてしまします。今日生かされている事に感謝して、柔らかい心で総てに接する。そこで見えてくるものがあります。そこに未来の道があるのです。己の不満や怒りで己の眼を塞いだり振り上げた拳で他人を傷つけてはいけません。後で後悔の日々がやってきます。人は許しの中でこそ安らぎがあり、智慧の中でのみ道が開けるのです。学びは常に己の運命と共にあります。
如何なる世界に住もうとも眼明らかなる者にはそこは菩薩の浄土であると仏典は説きます。
今日熊本の震災に遭われた方々、心折れることなく、今日の太陽の光を感じて自然世界の大いなる愛を感じて心穏やかに過ごして下さい。

PTSD予防・回復プログラム

印刷用画面
 今回の熊本の震災では多くの方が被災されています。心よりお見舞い申し上げます。今後心配されるのは,震災のショックや避難生活の長期化に伴う子どもたちの心のケアです。不登校支援ネットワークでは,子どもたちの心のケアに役立つPTSD予防・回復プログラムを作成しています。ぜひお役立てください。