LDN通信6月号

印刷用画面
眼暗きがゆえに光を見ず、光なきがゆえに道に迷い、
常に疲れを背負ってあてどもなく歩く。
心も体も疲れて、希望もなく、生きる喜びもなく、虚しく時を過ごす。
己の濁った心の鏡は真実を映さず、常に曖昧にしてもどかしく幻想を生み出す。
幻想とくみして戦いを挑むことの悲しさよ、
敵をあちこちに作り、越えられない壁を心の周りに作る。
唯己の心のなせる業、知恵なく無明深く己のことを知らず、
己を顧みず、己の心を深く掘らず、
己の性の赴くところを生存の意味として生きる。
魚の性は水、鳥の性は空、因縁の赴くところ、
己の心も体も人生も因縁より生ずる。
己の因縁を深く顧みよ。
己の不幸は己の汚れた心にある。心を清めよ。
因果の道理を悟って心を清めよ、仏の慈悲を感じて心を清めよ、
良きものも悪しきものも唯己の心より生まれる。
心に不浄なきを最上とする。
人は幾度とない輪廻の中で深き宿業を宿して、それに支配され惑わされて絶望する。
この輪廻の苦を離れることが涅槃である。
仏陀は衆生の苦を感じて法を説かれた。
仏のダルマとはそのことである。
苦の只中にある己に救いはあるか、絶望だけが押し寄せる人生、
深い葛藤の只中の生。
手を合わせて仏の顔を見よ。そこに道はある。
仏の慈悲の眼に貴方は映っている。

LDN通信5月号

印刷用画面
真実は実に麗しく、誠実は実に爽やかで、真心は常に温かい。
人の望むものは誰一人違わぬ物事である。
あらゆる生命は太陽の光と熱の恩恵を受けて命をつなぐ、
人は心の奥で己の命が紡ぎだされた仏の命を知っている。
大宇宙の只中で独り端座してこのことを確認せよ。
己は仏の命。
この心しか寄る辺はなく、この心しか仏はない、
自心本尊こそが真実。
己の心を極めよ、他を望んではならない。
他は光の影のようなもの変化して止まらない。
僅か百年にも満たない人の寿命、居眠りしている間に太陽は傾き、
夜の帳を迎える、死がやってくる。
焼けこげるような己の欲望にさいなまれるな、
己の燃える煩悩は己の心と身を焼き生活を滅ぼし、
仕舞には地獄へと落ちる。
重き肉の塊と荒れ荒ぶ己の心の只中で、仏陀に合掌して礼拝せよ。
重き鎖が切れるその日が来る。
信心こそが己を救う。
愚盲なる己であればこそ礼拝供養せよ。
仏の慈悲は己の発心を捨て置かない。
仏は声を挙げて求める人を救いとる。
心を起こせよ、仏に向え、
この世のあらゆる価値は仏の知恵を超えるものではない。

LDN通信4月号

印刷用画面
  身を整えて、息を整えて、心を制する。
身を整えるには悪を断ち善を進めることが必要である。
生活の規範が求められる。持戒精進である。
求めるところの解脱は認知の正確なる事を基礎とする。
己の心は己をだましやすく、それは様々な幻想を作り出す。
己の認知する事柄は何度も確認され納得されるべきである。
経論の内容は禅定に於いて確認される必要がある。
先入観を排して己に向き合う、断固として夢想を排する。
魔境を離れる。
解脱の真智に出会うまで、その覚悟で座に住する。
己の知るところ唯己の知るところ社会の騒音に依らず、
名声も財の香りもなく、唯真実にあること、諸仏は讃嘆し、
天神は従うと言えども、驕りは生起せず。
阿耨多羅三藐三菩提を証してあること、これこそが禅定の果報である。
くれぐれも己に惑うてはならない。
己は己をだましやすい、
特に禅定に於いて起きる心の変化は人に天狗の心を起し龍の心を起す、
または鬼心を起す。
絶えず仏を念ぜよ、己が正しい道を歩めるように。
帰依仏、帰依法、帰依僧、三宝を礼して道に入る。
己の禅定は仏陀の正法、我はかの草座にありて真理となる