LDN通信5月号

豊穣の大地によき種を播き、よく育て、よき実をつける。
悪を止め、善を行い、人々の安楽を願う。実に徳ある生活に勤しむ人はよき種をまく人である。
如何なる現象もその原因なくして起こることはない。阿頼耶識の大地に撒いた種が萌芽したものである。
良き農夫は土地を整え良き種を選んでそれを撒く、水を与えて収穫の時を待つ。
優れた行者は心を整え行いを律する。果報を望まず、善行に徹する。
世界の現象は個々の行いの結果である。己の行いを改める。そこに世界が変わる鍵がある。
徳ある人の世界は実に平安である。己の行いの是非を問え。
嘆く前に、涙する前に、己の行為の因果をよく見よ。涙に曇った眼では真理は見えない。
落胆の吐息を吐いては前に進めない。
心を禅定に縛って、深く思念せよ。因果必然の道理を。己は何をなすべきか。
今この時をのがしてはその時が来ない。今のこの時がその時である。
己の善なる行為の中に仏は宿る。三宝は現れる。他に求めることはない。
善を行い、善に住まう。ただそれだけの人生、あとは無常である。
狂おしく善を行い、むさぼる如く徳を積む、あとは無我である。
己の行いに誇りを持て、行いの果報は崩れ去ることはない。
善き行いを修している己をたたえよ、私は仏陀の足跡を見つけたと。
古より幾多の行者が歩いた道、幾多の仏が説いた法、そのただなかに居る己の幸せを感じて生きよ。