新しい時代に向かって

今世界は、荒れ野となって、美しく大切な命が大事にされていない状況を聞きます。

あなたが生きる、その自然の中の自己を再発見し 確認し 生活を新しくデザインしましょう 

このことは政治、経済、のみならずあらゆる人の生活様式の見直しを意味します。

そこで世界にある個々の文化は再評価を与えられ、

新しい価値が見出され、文化的棲み分けを可能とし、

また文化的連帯が促進され地球に、あなたの生きる生態系に矛盾の無い新秩序が生まれてくることと確信します。

私たちは人類の生活体系を見直し、また日本人の現在の生活感覚を見直す必要があります。

一人一人が 人としての向かうべき方向 へ 歩きましょう。


三月 四月予定

印刷用画面
3月1日 僧侶修学会(14:00-)尼僧修学会(15:30-)

3月・4月の行事は 3月1日の僧侶修学会、尼僧修学会のみとなります。

個人供養、個人相談は お電話にて予約を受け付けております。
また 個人での「真言寺」から「真言尼寺」への巡礼を お勧めいたしております。

それぞれの お堂にて 副住職、真言尼寺住職が、順番に御供養いたしております。
真言寺住職は聖天供専任となり、
毎日聖天様と、本堂での理趣経法をご供養されておられます。
もちろん個人供養並びに相談は 随時受付ております。

この度の武漢肺炎には十分ご注意下さい。

お知らせ

印刷用画面
寒さがまだまだ続いていますね。
真言寺の梅の花が、「もうすぐ春ですよ」とほころんでいます。
今、中国発の新型コロナウイルスの流行が、話題となっており、
特にご高齢の方が重篤化し易い旨が報道されております。
真言寺の三月四月の東京例会は、皆様のご健康に配慮いたしまして、
集会は致しませんが、ご供養、ご相談は熊本にて、お受けいたします。
護摩木、塔婆、写経、写仏のお加持は真言寺までお送りください。
その他の方法を現在考えております。


2月予定

印刷用画面
2日 僧侶修学会(14:00-)尼僧修学会(15:30-)
9日 東京定例会(12:30-僧侶修学会、13:30-供養会、
         15:00-華厳経)
16日 仏典講座(華厳経10:30-)
      
21日 お大師さん(護摩供養 10:30-観音堂)
      真言寺住職は聖天供、護摩供養は真言尼寺住職です
    
22日 仏教講座:副住職(菩提心論10:30-)光忍勉強会(13:00-)
    写仏講座(14:00-)
      写仏講座の後、瞑想を行います
23日 定例会(観音堂護摩供養10:30-)
     真言寺住職は聖天供:護摩は副住職です。
薬師堂医療無料相談(14:00ー)
最初 | 前へ | 1 234567| 次へ | 最後