新しい時代に向かって

今世界は、荒れ野となって、美しく大切な命が大事にされていない状況を聞きます。

あなたが生きる、その自然の中の自己を再発見し 確認し 生活を新しくデザインしましょう 

このことは政治、経済、のみならずあらゆる人の生活様式の見直しを意味します。

そこで世界にある個々の文化は再評価を与えられ、

新しい価値が見出され、文化的棲み分けを可能とし、

また文化的連帯が促進され地球に、あなたの生きる生態系に矛盾の無い新秩序が生まれてくることと確信します。

私たちは人類の生活体系を見直し、また日本人の現在の生活感覚を見直す必要があります。

一人一人が 人としての向かうべき方向 へ 歩きましょう。


檀信徒様・講座受講者様専用 真言寺・真言尼寺 メールマガジン ご登録はこちらへ

檀信徒様・講座受講者様専用のメールマガジンを発行します。(一般の方のご参加はお断りしています)
購読にはメールアドレスとご本人確認のための申し込みが必要ですので、こちらをお読みください。



紙芝居の読み聞かせ3(3か月限定)



聴覚がご不自由のかたは字幕設定をオンにしていただくと、日本語字幕で対応しています。


巡拝をしてみましょう




バッハのピアノを、真言尼寺周辺の映像とともに



お知らせ

印刷用画面

メールマガジンについて

 続きを読む....

6月予定

印刷用画面

今月の東京定例会はお休みとなります。
状況を見ながら東京定例会開催をいたします。
ご祈願・ご供養の護摩木は随時お受けいたしております。

ネットでの法話や護摩供養の法要の準備が整い次第 皆様にお届けいたしたいと考えております。

21日
大師さん(観音堂にて)
10:30-護摩供養
写仏会(本堂にて) 
14:00-

26日
仏教講座(礼拝堂にて)
10:30-華厳経
14:00-大日経解題
15:00-僧侶修道会

27日
熊本定例会(観音堂にて)
10:30-護摩供養・副住職
医療相談(薬師堂にて)
14:00-無料医療相談・副住職

お知らせ

印刷用画面
2月から、真言寺ご住職様の 伝授会が始まります。

そのため皆様のご要望もあり、
またご住職様も 21日の お大師様の お護摩供養(御影供)は
是非 自分が行いたいとの 御意思が有られますので、
今月より21日の お護摩供養は 真言寺ご住職様が修法されます。

そのため聖天様の お供物は お前立の 千手観音様のお供物として
観音堂内に お納め頂きますようお願い申しあげます。

最初 | 前へ | 1 234567| 次へ | 最後